東アジアで最も美しいモスクのパワースポット【東京ジャーミィ・トルコ文化センター】

東アジアで最も美しいモスクのパワースポット【東京ジャーミィ・トルコ文化センター】

【東京ジャーミィ・トルコ文化センター】とは?

「東京ジャーミィ・トルコ文化センター」とは、東京都渋谷区にある回教寺院(モスク)です。

東京ジャーミィ・トルコ文化センターは、トルコ共和国在東京大使館の所属であり、宗教法人東京トルコディヤーネットジャーミィによって運営されています。「ジャーミィ」とは、トルコ語では金曜礼拝を含む1日5回の礼拝が行われる大規模なモスクを表しており、「人の集まる場所」を意味するアラビア語を語源としています。

東京ジャーミィ・トルコ文化センターは、オスマン様式によるモスクを特徴としており、建築資材や調度品はトルコから持ってきたものだそうです。また、東アジアで最も美しいモスクとの呼び声もあります。

東京ジャーミィ・トルコ文化センターは、前身である東京回教学院は1938年にロシア出身のタタール人達のためのモスクとして設立されました。同モスクが老朽化の為、取り壊された後に、亡命タタール人達がトルコ共和国の国籍を所得していたことからトルコ宗務庁の援助によってオスマン様式で再建され、2000年に開堂しました。

東京ジャーミィ・トルコ文化センターでは毎日5回の礼拝の時間に開館されています。毎日の礼拝の参加者は5~10人程度で、金曜日の礼拝者は350~400人程度となっています。日本を訪れるムスリムの観光客も多く訪れているそうです。

【東京ジャーミィ・トルコ文化センター】の見どころ

東京ジャーミィ・トルコ文化センターは、建物の上階に礼拝堂を設け、大ドームを乗せた広大な空間を確保しているトルコでは非常によく見る形式を踏襲しています。

1階にはトルコの美術品が展示され、講座等に使用される広間があります。

上階の礼拝堂には最大2,000人収容可能な礼拝堂には女性専用の礼拝堂もあり、専従のイマーム(導師)もいる為、日本国内では大規模なモスクの部類とされています。

 

東京ジャーミィ・トルコ文化センターへ来訪及び見学する場合の注意がいくつかあります。

礼拝場はイスラム教徒が礼拝を行う神聖な場所ですので、女性の場合は、ストールやスカーフを持参の上、長袖・長ズボン、ロングスカート(足首まで隠れるもの)等の身体の露出の少ない服装で入場してください。男性の場合も、ハーフパンツやタンクトップは遠慮するよう注意ください。

500_19351497

礼拝場内での写真撮影・ビデオ撮影は事前の許可が必要なので、来場前にお問い合わせください。また、礼拝が行われる際の撮影は禁止です。

日本とトルコの親交やイスラムに関する正しい知識を得る施設として接するよう心がけましょう。

【東京ジャーミィ・トルコ文化センター】周辺の見どころ

東京ジャーミィ・トルコ文化センターでは、陶器や雑貨、食品等トルコにまつわるものを購入することができます。

東京にいながらにして、トルコにいる気分をさらに盛り上げてくれます。

トルコの建築物として、イスラム教という宗教を知る施設として、トルコの文化を知る施設といったいくつもの顔を持つ場所として訪れてみてはいかがでしょうか?

【東京ジャーミィ・トルコ文化センター】周辺の見どころ

所在地

東京都渋谷区大山町1-19

お問い合わせ先

03-5790-0760

交通機関

東京メトロ千代田線 代々木上原駅より徒歩で約5分

ホームページ

http://www.tokyocamii.org/ja/about-ja/welcome-ja

マップ


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ