最も格式の高い神社のひとつ、茨城県の鹿島神宮へ行ってみよう

最も格式の高い神社のひとつ、茨城県の鹿島神宮へ行ってみよう

http://kashimajingu.jp/about/%E5%BE%A1%E7%94%B1%E7%B7%92%E3%83%BB%E5%BE%A1%E7%A5%AD%E7%A5%9E/

関東で最古で最強クラスのパワースポット【鹿島神宮】とは

鹿島神宮(かしまじんぐう)は常陸国(茨城県)の一宮(いちのみや)。

全国約600社ある鹿島神社の総本社で、関東最古の神社です。

一宮は、神社の社格を示す格式のひとつで、最も格式の高い神社のことです。

鹿島神宮御創建は、初代神武天皇元年(紀元前660年)と伝えられています。

2,600年以上の歴史を持ち、平安時代から、「神宮」と呼ばれたのは、伊勢神宮の他に、鹿島神宮と香取神宮だけです。

http://kashimajingu.jp/about/%E5%BE%A1%E7%94%B1%E7%B7%92%E3%83%BB%E5%BE%A1%E7%A5%AD%E7%A5%9E/

御祭神「武甕槌大神」(たけみかづちのおおかみ)とは

火の神、軻遇突智(かぐつち)の地から生まれた刀剣の神といわれています。

国譲りの神話では、天照大御神の命を受け、香取神宮の御祭神である経津主大神(ふつぬしのおおかみ)と共に出雲の国に降り立ち、国譲りを迫り、大国主命(おおくにぬしのみこと)に統治権を譲渡させています。

この時、大国主命の息子健御名方神(たけみなかた)と力比べをしたと『古事記』『日本書紀』にあります。

この戦いこそが相撲の起源といわれています。

巧みな交渉力と異次元の強さで何度となく国難を救い、香取神宮と共に国土を平定したとされていることから、両神の掛軸やご神札が多くの武道場で掲げられています。

http://kashimajingu.jp/keidai_annai/%E5%A5%A5%E5%AE%AE/

鹿島神宮のご利益

「武道守護」、「芸能上達」、「国家鎮護」、「航海平安」、「安産守護」、「病気治癒」、「厄除開運」、「延命長寿」、「縁結び」の他、交通と旅行の安全を期する所以となった『鹿島立ち』について、少しお話しします。

http://kashimajingu.jp/feature/%E5%BE%A1%E8%88%B9%E7%A5%AD/

◯鹿島立ち(かしまだち)

鹿島神宮・香取神宮の二神が国土を平定し日本建国の転換期を象徴することから「物事の始まり」にご利益がある神社とされ、『鹿島立ち』の語源となっています。

交通安全・旅行安泰のご神徳が受け継がれています。

人生も長い旅と考えた時、そのターニングポイントにおいて一歩踏み出すために参拝して頂きたい関東最強クラスのパワースポットです。

 

いかがでしたか?

続いては、東国三社にひとつ「香取神宮」について、お話ししたいと思っています。

http://www.bokuden.or.jp/~mitarasi/

境内名物【みたらし焼だんご】湧水茶屋一休(ひとやすみ)

○長命の湧き水

ご神水の湧く「御手洗(みたらし)」の池に隣接する湧水茶屋一休(ひとやすみ)。

この池は、古くから禊(みそぎ)の場で、大人が入っても子供が入っても水面が胸の高さを越えないといわれています。

池の横には長命水ともいわれる湧き水が湧いていて、はるか昔から絶えることなく、湧き上がる名水です。

鹿島神宮のご神水として、また長命の名水として県内外の方から地元の方まで、多くの方が訪れます。

一休では、抹茶、コーヒー、甘酒等のお飲み物、みそ、こしあん、だし、に至るまでこの長命の湧き水で作られています。

http://www.bokuden.or.jp/~mitarasi/osinagaki.htm

○みたらし焼だんご

全国より厳選した材料で練り上げた一休(ひとやすみ)特製みそを炭火でじっくり焼き上げた境内名物です。

欲張りさんには、「草だんご」、「きびだんご」、「みたらし焼だんご」を1つの串で味わえる三色だんごもおすすめ。

所在地

茨城県鹿嶋市宮中2306-1

鹿島神宮境内みたらしの池

営業時間

AM9:30~日没頃

お問い合わせ

TEL:0299-82-4393

ホームページ

HP:http://www.bokuden.or.jp/~mitarasi/index.htm

【鹿島神宮】へのアクセス

所在地

〒314-0031

茨城県鹿嶋市宮中(きゅうちゅう)2306-1

参拝時間

境内と外部を区切る門や柵がなく、365日、24時間参拝することが可能です。

但し、以下施設には受付の時間に制限有り。

神符守札授与所(8:00~16:30)

御祈祷受付(事前予約不要 8:30~16:30)

鹿島神宮宝物館(9:00~16:00 大人300円 中学生以下100円(中学生以下は土日のみ無料))

お問い合わせ先

TEL:0299-82-1209

交通機関

【公共交通機関のご利用】

・鉄道をご利用の場合  JR鹿島線・鹿島臨海鉄道 鹿島神宮駅下車 徒歩7分

・高速バスを御利用の場合  高速バス東京駅八重洲南口発「鹿島神宮駅行き」乗車 約2時間

【自動車のご利用】

・千代田区日本橋から約1時間20分(東関東自動車道潮来IC下車)

・成田国際空港から約40分(東関東自動車道潮来IC下車)

・茨城空港から約50分(国道354号線経由)

※駐車場有り

ホームページ

http://kashimajingu.jp/

マップ


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ