新しい魅力も詰まったパワースポット【藻岩山】

新しい魅力も詰まったパワースポット【藻岩山】

自然豊かな藻岩山

札幌市内に位置する藻岩山。標高531mで、「インカルシペ(いつもそこに上がって見張りをするところ)」というアイヌ語名を持っています。そして、北海道自然100選に選定されている美しい山です。

国の天然記念物に指定されている藻岩原始林があるので、四季折々の自然を楽しめます。登山道が5コースあり、決して難しい道程ではないことから、時間が許す限り、すべてのコースを制覇する、という方もいらっしゃるそうですよ。

もいわ山頂展望台からは、札幌を一望できる360度のパノラマが広がっています。

市電や無料シャトルバスが運行しており、アクセスも抜群です♪

夜景も楽しめ、恋人の聖地

夜景が綺麗な藻岩山は、恋人達にも人気のスポットです。展望台には、ひときわ目立つ「幸せの鐘」があり、記念撮影スポットにもなっているそうですよ。

展望台周辺の手すりには、愛の南京錠が取り付けられるようになっていて、この南京錠に名前を書いて取り付けてくると、そのカップルは絶対に別れない、という伝説があります。

愛の南京錠は、ロープウェイで、もいわ中腹駅の「もいもいのお店」と山頂駅の「スターホール」にて購入できます。サインペンはお店で貸し出ししているそうです。藻岩山は、2012年7月に「恋人の聖地」として認定されました。

 

恋人の聖地」とは、NPO法人地域活性化支援センターが、「少子化対策と地域の活性化への貢献」をテーマに「観光地域の広域連携」を目的に実施しているもので、全国に100ヶ所を越える「恋人の聖地」が、プロポーズにふさわしいロマンチックなスポットとして選ばれています。

山の神が鎮座する「藻岩神社」

藻岩山で、愛のパワースポットや美しい景観を思い出に焼き付けたら、「藻岩神社」へ参拝しましょう!住宅街にひっそりと佇む「藻岩神社」は、現在の社殿は平成7年に新築されたものです。明治29年、「山の神」の碑を奉斎。明治37年社殿を新築。昭和17年に上山鼻、中ノ沢神社の祭神を合祀し、合わせて札幌神社(現在の北海道神宮)の分霊を祀り、社号を改めました。

現在の祭神は、大山祇神、倉稲魂神、猿田昆古神等です。例祭は、元旦、4月15日、9月15日に行われます。毎年1月に執り行われる「どんど焼き」も地域の方々に愛されている行事のひとつです。境内には、山神社碑、猿田彦之命碑、祈念碑、安斎幸作翁顕彰碑があります。

【藻岩山】周辺の見どころ

藻岩山では、ここでしか手に入らないオリジナルのお土産品があるそうですよ。「もーりす」というキャラクターもいます♪もいわ山中腹駅に隣接する「フォレストギャラリー」は、森の中のホールとなっており、客席は最大100席。昼間は太陽光を浴び、夜は月明かりを楽しめるホールとなっています。

このホールでは、音楽のイベント等が開催されているそうです。自然の中で、音楽を楽しむのは、ヒーリング効果が高まりそうですね♪

 

山頂駅にあるレストランは、すべてガラス面になった景色を楽しめるレストランです。天井には、プラネタリウム演出が施されていることから、夜には、とてもロマンチックな時間を過ごせそうです。

 

【藻岩山】、【藻岩神社】へのアクセス

【藻岩山】

所在地

北海道札幌市中央区伏見5丁目3番7号(札幌もいわ山麓事務所)

札幌もいわ山ロープウェイ 山麓駅

TEL

011-561-8177(札幌もいわ山ロープウェイ山麓事務所)

営業時間

夏季:4/1~11/23 10:30~22:00 (上り最終21:30)

冬季:12/4~3/31 11:00~22:00 (上り最終21:30)

特別営業

12/31 大晦日 11:00~17:00 (上り最終16:30)

1/1 元旦 初日の出特別運行 5:00~17:00 (上り最終16:30)

日の出時間 AM7:06

整備運休期間

11/24~12/3の10日間はメンテナンスのため、全館休業

駐車場

約120台

ホームページ

http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/index.html

 

【藻岩神社】

所在地 

北海道札幌市南区川沿4条5丁目4-5

交通機関

地下鉄南北線真駒内駅下車、車で約5分

 

マップ


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ