神秘のパワースポット【然別湖】

神秘のパワースポット【然別湖】

然別湖は金運のパワースポット

然別湖は、北海道の中心、大雪山国立公園の南にある唯一の自然湖です。

標高810mに位置し、北海道の湖では最も標高の高い場所にあります。

然別湖は「白蛇の伝説」があることから金運のパワースポットとも言われており、大自然からパワーを頂くことができます。

また、アイヌの聖地であり、アイヌの人達の間では「踏み入れてはならない」と言われていた湖でもあります。

かつては、女性が弁天島へ足を踏み入れることが不吉とされていましたが、現在では問題ない、とのことです。

湖の中央北方寄りには、弁天島と呼ばれる小さな島があり、小さな鳥居が立っています。

こちらは、直径20m程で、大正4年鹿追のある開拓者が滋賀県の琵琶湖から弁財天の分身を取り寄せ、祠を作って祀ったのが始まりだそうです。

弁天様には、片思いを成就させてくれたり、恋愛のパワーを司っているのでまっすぐな気持ちで参拝したいものですね。

然別湖の湖中に浮かぶ弁天島

 然別湖のパワーを存分に頂くには、やはり遊覧船がオススメです。所要時間は40分ほどです。

通常の遊覧船では物足りない方には、モーニングクルーズナイトクルーズ、さらには貸切クルーズもあったりします。

早回りコースなんていうのもあるので、そのときの気分で使い分けできそうですね。

より自然を満喫したい方には、カヌーやカヤックなどもあるようなので、いろいろ楽しめて素敵な時間を過ごせますよ。

ただ残念なことに、弁天島へは通常、遊覧船の上からの参拝のみ。

上陸したければ、年に1度の弁財祭の時に訪れるほかなさそうです。

但し、冬になると氷結した湖面から上陸可能だとか。

パワースポットとしてだけではなく、然別湖では自然溢れるレジャーが楽しめます。

パワーチャージをしっかりと行うのはもちろんのこと、レジャーを楽しみながら、四季折々の楽しみ方を見つけられそうですね♪

然別湖周辺の見どころ

 然別湖では、毎年6月上旬~9月上旬頃まで、キャッチアンドリリースを導入し、使用する針にも厳しい制限が設けられてはいるものの釣りが楽しめます。

1万年以上の時間をかけて進化を遂げた貴重な魚であるミヤベイワナを残していく為の取り組みだそうです。

 毎年7月第1土曜日には「白蛇姫まつり」が開催され、夜にはスポットライトを浴びて催されるリアルな白蛇様の舞を見ることができます。

 また、12月中旬~3月下旬頃の間は、雪原を駆け抜ける犬ぞり体験もできるとのことですよ。 

 その他にも、郷土料理の「いもだんご」「鹿追そば」「煮込みジンギスカン」「オショロコマ料理」等、ここでしか味わえないグルメにも出会えます♪

【然別湖】へのアクセス

●所在地

北海道河東郡鹿追町

●アクセス

(バスで)JR新得駅前から約1時間

JR帯広駅まえから約1時間20分

●遊覧船料金

通常 大人(中学生以上)1000円

●遊覧船営業期間

5/20~11/3 (湖水状況により変更あり)

●マップ


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ