【浅草寺】浅草・浅草寺お参り食い倒れツアー!おすすめ7店!

【浅草寺】浅草・浅草寺お参り食い倒れツアー!おすすめ7店!sensouji

【浅草寺】とは?

浅草寺(せんそうじ)は、東京都台東区にある、東京都内最古のお寺です。

山号は金龍山。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。

観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれています。

東京都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)で、江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもあります。

【浅草寺】の見どころ

「浅草寺」と聞いてすぐに思い浮かぶのは、やっぱりあの真っ赤で大きな「雷門」と書かれた大提灯ではないでしょうか。

雷門(かみなりもん)は、浅草寺の山門で、正式名称は、『風神雷神門(ふうじんらいじんもん)』といいます。

提灯に書かれているのはは風神雷神門を略して二文字にしたものなんですね。

雷門通りからなら車に乗ったままでもよく見えます。

ここが浅草寺の参道の入口で、仲見世通りへはここから入っていきます。

海外からの観光客にとっては「東京」、または「日本」のシンボルとも言えるほど印象的な建築物です。

浅草へ行くなら何はともあれ、遠くからでもぜひ一目は雷門を見て行ってくださいね。

【浅草寺】周辺の見どころ

浅草周辺は見どころが盛りだくさんで、何からご紹介すればいいのか悩んでしまうのですが、今回は「浅草食い倒れツアー」として、食べ物のお店をメインにご紹介していきます!

まずは仲見世通り、雷門から参りましょう。

雷門入ってすぐにあるのは「浅草 きびだんご あずま」

aduma

桃太郎の伝説で有名なきびだんごですが、本物を食べたことはありますか?

こちらでは江戸時代に仲見世で売られていたというきびだんごを実演販売しています。

お持ち帰り、食べ歩きもOK!(仲見世はいつも大混雑していますので周りに注意しながら食べ歩きしてくださいね)

そして、そのままお寺方向へ歩いていくと美味しそうな匂いがしてくるはず。

「浅草九重」揚げたてのあげまんじゅうが食べられるお店です。

kokonoe

もちもちの皮がさっくりと揚がって中のあんまでほくほく! 仲見世でここのあげまんじゅうを食べ歩いている人はたくさんいます。

プレーンなあんこはもちろん、抹茶、ごま、かぼちゃなど、お味もいろいろ! とても美味しいのでぜひひとつは試してみてくださいね!

ここまで来たらまずはお寺へお参り。 ほどよく歩いてお腹が空いたら今度はランチにしましょう。

仲見世通りには他にもいろいろな食べ物のお店がありますが、お参り帰りはちょっと違う道から帰りませんか?

お寺から仲見世方向に戻ってきたら伝法町通りを上野方向へ。

通りにそってそのまま行くと「ヨシカミ 浅草店」です。

yosikami

ここは昔ながらの洋食屋さんで、まるで絵本に出てくるような『ザ・洋食』を頂ける大人気店です。

混雑を避けるならオープン直後(11時45分)を狙ってくださいね。

週末、祝日はオープン前から行列ができています。 平日でも本当に、あっという間に席が埋まってしまいます。

ちょっと贅沢にいくなら、お寺からそのまま仲見世を通り、うどん屋さんの角を左に。

すきやきの名店「今半 本店」はいかがですか?

imahan

http://www.timeout.jp/tokyo/ja/

ランチにすきやき定食や、上品な和風のステーキなんて「粋」ですよね。

やっぱりお客さんが多くてとても混雑するお店なので、11時半の開店直後をおすすめします。

しっかりランチを頂いたら、ぶらりと浅草を楽しんでお茶の時間にしましょうか。

先ほどの「ヨシカミ 浅草店」のならびにある「珈琲 天国」は『天国』の焼き印の入った名物ホットケーキが美味しい、レトロな雰囲気のカフェです。

tengoku

オーナーは喫茶店好きか高じてこのお店をオープンした方で、地元・浅草にこだわり、店内のテーブルや椅子、食器、ロゴ入りのグッズまで全て浅草の業者さんに発注したそうです。

pan

http://pancake.30min.jp/user/item/368459

見た目からして「天国」なホットケーキで浅草散策の疲れを癒してくださいね。

浅草寺裏手にある「粉花」もおすすめです。

konohana

http://yaplog.jp/hikora/archive/2425

自家製の天然酵母と北海道産の小麦粉を使ったパンが自慢で、特にスコーンやベーグルが美味しいと評判の、ベーカリーカフェです。

konohana2

http://parismag.jp/bread/961

パンが売り切れになると、カフェが閉まってしまいます。特に土曜日は午前中で売り切れになってしまうようです。

また、日・月・火と定休日ですので、お出かけの際には気を付けてくださいね。

最後に、少し飲んで帰ろうかな…という方は東京メトロ銀座線・浅草駅すぐにある「神谷バー」へぜひどうぞ!

kamiyabar

一階は庶民的なバー。 一人飲みでも大丈夫な雰囲気で、入りやすいですよ。

有名な「電気ブラン」はアルコール度数の強いオールドタイプと少し低めのタイプがありますのでお好みで。

denkiburan

二階には洋食レストラン「レストランカミヤ」があります。 家族連れの方やしっかり食事をしたい方はお二階へどうぞ。

三階には「割烹 神谷」があり、和食で〆たい方はこちらへ。

どのフロアでもアルコール類・電気ブランは注文できますのでご安心くださいね。

駅からも近いので、一日たっぷり浅草で遊んだ帰りに寄るのが個人的にはおすすめです。

【浅草寺】へのアクセス

所在地

〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3-1

お問い合わせ先

03-3842-0181

交通機関

東京メトロ銀座線・浅草駅すぐ

つくばエキスプレス・浅草駅すぐ

ホームページ

http://www.senso-ji.jp/

マップ


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ