湿地で有名なパワースポット【八甲田山】

湿地で有名なパワースポット【八甲田山】

【八甲田山】とは?

「八甲田山」は、青森県青森市南側にそびえる火山群の総称で、日本百名山のひとつです。

「八甲田山」と名のつく単独峰は存在せず、18の成層火山や溶岩円頂丘で構成された火山群です。

青森県のほぼ中央に位置し、東北の脊梁奥羽山脈の北端です。

「八甲田山」の由来は、「新撰陸奥国志」によると、「八(たくさんの)甲(たて)状の峰と山上に多くの田代(湿原)があるから」ということです。

現在の火山活動は穏やかであり、周辺は世界でも有数の豪雪地帯です。

「八甲田山」は、近くにある十和田湖と同様に、カルデラを有する火山群です。

広い湿原のある田代平近辺の窪地がカルデラの北半分に相当しています。

南半分はカルデラ形成後に噴火した八甲田大岳などの火山群が盛り上がっています。

カルデラを形成するに至った巨大噴火は、調査されているだけで過去2回発生しています。

自然を感じるレジャーを楽しもう

「八甲田山」は、標高1584mの大岳のほかに、田茂萢岳(たもやちだけ)、赤倉岳、小岳、高田大岳などの山々がほとんど同じ高さで並んでいます。

ロープウェイが、田茂萢岳に設置されていて、冬はスキー、積雪期以外ならハイキングのような山歩きが楽しめます。秋には、見事な紅葉を楽しむこともできますよ。

「八甲田山」の名前の由来にもなった湿原群は、写真を撮りたくなる絶景ポイントがあったり、それぞれの沼ごとの景色を楽しむことができるスポットにもなっています。

毛無岱(けなしたい)、田茂萢(たもやち)、睡蓮沼には、休憩できる場所が設備されているので、ひとときの休息を取りながら、景観を楽しむことができます。

【八甲田山】周辺の見どころ

「八甲田山」周辺の見どころも楽しみたいですよね♪

青森市中心部から、車で20~30分ほどで、国道103号沿い標高500mほどでなだらかな草原が広がる萱野高原(かやのこうげん)があります。

萱野高原には茶店が数軒あり、「長生の茶」(三杯茶)が親しまれています。「1杯で3年、2杯で6年長生きし、3杯飲めば死ぬまで長生き」できるという言われのあるお茶があります。

各休憩所で無料で飲むことができますので、ぜひ立ち寄りたいですね♪

また、青森の地鶏「青森シャモロック」を使用したお料理に舌鼓も見逃せません。

お土産には「津軽びぃどろ」「津軽こけし」も良さそうです♪

【八甲田山】へのアクセス

所在地

青森県青森市

お問い合わせ先

017-738-0343(八甲田ロープウェー)

営業時間

3月~11月上旬 9:00~16:20

11月中旬~2月 9:00~15:40

ロープウェイ利用料金

大人 片道1180円/往復1850円

小人 片道570円/往復870円

小学校入学前 無料

※天候により運休する場合もございますので、事前にお問い合わせください。

マップ


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ