神秘の村・新郷村にあるパワースポット【キリストの墓】

神秘の村・新郷村にあるパワースポット【キリストの墓】

【キリストの墓】とはどんな場所?

「キリストの墓」と呼ばれる場所が、青森県三戸郡新郷村に存在します。

「ゴルゴダの丘で磔刑になったキリストが実は密かに日本に渡っていた」という仮説が、茨城県磯原町(現・北茨城市)にある皇祖皇大神宮の竹内家に伝わる竹内古文書から出てきたのは、昭和10年のことでした。

竹内氏自ら、この新郷村へ訪れ、「キリストの墓」を発見しました。

1936年に考古学者の一団が、「キリストの遺書」を発見したり、考古学・地質学者の山根キク氏の著書で取り上げられたりしたことで、「神秘の村」として新郷村は、人々の注目を浴びました。

この「キリストの墓」を「キリストの墓」と「弟のイスキリの墓」であるかを判断することは保留にしても、この新郷村には、ミステリーとも言うべきものがあります。

新郷村に残るミステリー漂う伝承とは?

昔、新郷村は戸来村(へらいむら)と呼ばれていました。この戸来はヘブライから由来している、という説があります。この他に、以下のことがあります。

  • 父親をアヤまたはダダ、母親をアパまたはガガということ。(ヘブライ語と同じ)
  • 子供を初めて野外へ連れ出す際、額に墨で十字を書くこと。
  • 足が痺れた時、額に十字を書くこと。
  • ダビデの星を代々家紋にする家があること。
  • 「ナニヤドヤラー、ナニヤドナサレノ」という節回しの祭唄が伝承されていること

これらの風習は、ユダヤの文化とシンクロするものばかりです。単なる「都市伝説」で片付けるには奇妙な点がありますよね。

この「キリストの墓」に対して、本国の聖地エルサレムから友好の印として、石が寄贈されていることにも驚きです。

「キリストの墓」や新郷村に関して、詳しく知るには、「キリストの里伝承館」へ立ち寄りましょう。

「キリストの墓」が発見された当時のことも含め、貴重な資料が展示されているそうですよ。

「キリストの墓」の御霊をお慰めするという「キリスト祭」を昭和39年から毎年開催されています。

例年6月第一週の日曜日に開催されているそうなので、ふらりと訪れてみると面白いかもしれません。

【キリストの墓】周辺の見どころ

せっかく青森まで来たのだから、ミステリーな雰囲気漂うパワースポットだけでは、もったいないですよね!

この新郷村には、特産品として、

  • 清酒「キリストの里」
  • 「ナニャドヤラワイン」
  • 「キリストラーメン」
  • 「キリストおでん」
  • 「ジーザスひっつみ」

等があります。

「キリストの墓」にちなんだものを買うのも面白い思い出と土産話ができそうです♪

【キリストの墓】へのアクセス

所在地

青森県三戸郡新郷村大字戸来字宇野月33-1

お問い合わせ先

0178-78-2511(新郷村ふるさと活性化公社)

交通機関

JR東北新幹線八戸駅から南部バス五戸駅行きで約40分、終点で南部バス羽井内行きに乗り換えて約30分、キリスト公園下車すぐ

ホームページ

http://www.vill.shingo.aomori.jp/07sight/sight-christ.html

マップ


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ