東北随一のパワースポット【奥入瀬渓谷】

東北随一のパワースポット【奥入瀬渓谷】

【奥入瀬渓谷】とは?

「奥入瀬渓谷」(おいらせけいこく)とは、青森県十和田市十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から、焼山までのおよそ14kmの奥入瀬川の渓流のことです。

十和田八幡平国立公園に属します。国指定の特別名勝及び天然記念物でもあります。

渓流沿いには、いくつもの滝が点在し、この道は「瀑布街道」とも呼ばれています。十和田湖への魚の遡上を阻止してきた魚止めの滝でもある銚子大滝をはじめ、阿修羅の流れ雲井の滝等、多くの景勝地があります。

1928年には、十和田湖とともに名勝及び天然記念物に、1936年には十和田八幡平国立公園に指定されました。

1952年には、特別名勝及び天然記念物に格上げされています。

新緑や紅葉の名所としても知られており、四季を満喫しに訪れることばかりではなく、日常の疲れを癒す為に訪れる方もいらっしゃるそうです。

【奥入瀬渓谷】を散策して自然のパワーで癒されよう

「奥入瀬渓谷」では、せっかくなので、渓流沿いを散策しましょう。

焼山から子ノ口方向へ進むルートが人気だそうですよ♪

このルートでの見どころは、3箇所!

まず1箇所目は、落差がおよそ20mから3段に屈折して流れ落ちる滝、「雲井の滝」

こちらは、取り囲む木々の間から流れ落ちる滝の様子が力強く、日常の喧騒等を忘れさせてくれるパワーがあります。

2箇所目は、幾筋も細く流れる水流がまるで糸のように見えることから名づけられた「白糸の滝」

こちらは、新緑の季節が、特にオススメです♪

春先の美しい新緑の隙間から見える様子は、時間の流れを忘れるほど繊細な自然を満喫できること間違いなしです。

3箇所目は、最も見応えがある「銚子の滝」

奥入瀬本流にかかる唯一の滝であり、奥入瀬渓流屈指の推量を誇る滝です。

高さ7m、幅20mとあって、水しぶきを上げる様は、豪快で自然の醍醐味を味わえると思います!

この「奥入瀬渓谷」を散策するにあたって、立ち入りできる場所は、渓流沿いの歩道があるので、安心して散策ができます♪

また、歩くことに自身のない場合でも、渓流沿いに道路があるので、車やバスで移動することが可能です。

せっかくの自然を楽しむ機会ですから、無理なく満喫したいものですよね♪

春から初夏にかけての新緑、秋の紅葉、冬には滝が凍って氷柱を見ることができます。

季節ごとの自然をいろんな姿で見せてくれるスポットが「奥入瀬渓谷」です。

【奥入瀬渓谷】へのアクセス

所在地

青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486

お問い合わせ先

0176-75-2425(十和田湖国立公園協会)

交通機関

JR新青森駅よりJRバスで約2時間

ホームページ

http://towadako.or.jp/gallery/

マップ


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ