等々力渓谷が隣接するパワースポット【等々力不動尊】

等々力渓谷が隣接するパワースポット【等々力不動尊】

【等々力不動尊】とは?

「等々力不動尊」(とどろきふどうそん)とは、東京都世田谷区にある満願寺の別院で、正式名称は「滝轟山(りゅうごうさん)明王院」と言います。関東三十六不動尊霊場の第十七番です。

ご本尊は不動明王です。

寺に残る言い伝えによりますと、真言宗中興の祖・興教大師が夢のお告げによって開いた霊場です。

ある時、興教大師が信心する役之行者の御不動様が夢に現れ、「関東に霊地がある」と告げられました。

その御不動様を背負って関東に入ると夢で見たものと同じ渓谷があり、錫杖で岩をうがつと玲瓏と瀧が流れ出しました、そこに捧持の御不動様を安置したのが等々力不動尊の始まりとされています。

本堂は江戸時代末期の建築で、拝殿は1952年に、山門は1968年に満願寺より移築したものです。

【等々力不動尊】の見どころ

等々力不動尊は、様々な願い事を叶えてくれる不動様として親しまれていますが、特に真言宗の開祖・弘法大師の才能にあやかって、学業成就・芸事上達の御利益があるとされています。

また、等々力不動尊は桜の名勝としても知られています。

等々力不動尊の境内には見晴台があり、見晴台からは、等々力渓谷の眺めが良く、春は桜、秋は紅葉がとても美しいので景色を楽しむことができます。

【等々力不動尊】周辺の見どころ

等々力不動尊に参拝するなら、隣接する等々力渓谷を散策するのがオススメです。全長1kmほどで遊歩道があるので足元も安心です。

等々力渓谷は、23区内で唯一の渓谷であり、貴重な自然湧水による滝や東京都の名勝に指定されている自然豊かなスポットです。

等々力渓谷には、日本庭園や7世紀後半~8世紀のものと推定される横穴式古墳不動の滝武蔵野れき層などの地層といったものがあるので、都会の喧騒を忘れられるスポットとしてもオススメです。

また、不動の滝の水音が「等々力」の地名の由来とも言われていますが、現在は穏やかで優しい水の流れの滝です。この滝の前で大きく深呼吸することで心身浄化され、滝のパワーを受け取れるそうですので、ぜひ試してみてください。

【等々力不動尊】へのアクセス

所在地

東京都世田谷区等々力1-22-47

お問い合わせ先

03-3701-5405

交通機関

東急大井町線等々力駅下車 徒歩で約5分

ホームページ

http://www.manganji.or.jp/index.html

マップ

 

 

 


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ