感謝の気持ちで参拝するパワースポット【多摩陵・武蔵野陵】

感謝の気持ちで参拝するパワースポット【多摩陵・武蔵野陵】

【多摩稜・武蔵野稜】とは?

「多摩陵・武蔵野陵」(たまのみささぎ・むさしののみささぎ)とは、東京都八王子市にある皇室墓地のことです。多摩陵多摩東陵武蔵野陵武蔵野東陵の4稜があります。

多摩陵は大正天皇の御陵、その東隣の多摩東陵は貞明皇后の御陵です。武蔵野陵は昭和天皇、その東隣の武蔵野東陵は香淳皇后の御陵です。

陵墓の形状は、いずれも上円下方墳です。

東日本で初めて造られた天皇陵で、八王子八十八景の1つにも選定されています。

【多摩稜・武蔵野稜】の見どころ

多摩陵・武蔵野陵のみどころとも言うべきものとして、甲州街道からの参道にはケヤキ並木が続き、稜墓地内には北山杉が植えられていて、荘厳な雰囲気を感じられます。

北山杉は京都から取り寄せたもので、北山杉の高さは現在20mを越すほどの成長を見せています。

また、毎年12月25日には稜及び、皇居宮中三殿で大正天皇例祭が御こなれています。当日には陵所に幔幕が巡らされ、皇族拝所に仮屋が設置されて祭祀が行われています。

毎年5月17日には稜及び、皇居宮中三殿で貞明皇后例祭が行われています。当日には陵所に幔幕が巡らされ、皇族拝所に仮屋が設置されて祭祀が行われています。

毎年1月7日には稜及び、皇居宮中三殿で昭和天皇例祭が行われています。当日には陵所に幔幕が巡らされ、皇族拝所に仮屋が設置されて祭祀が行われています。

毎年6月16日には稜及び、皇居宮中三殿で香淳皇后例祭が行われています。当日には陵所に幔幕が巡らされ、皇族拝所に仮屋が設置されて祭祀が行われています。

多摩陵・武蔵野陵は、周囲を山に囲まれ自然豊かな場所です。近隣には高尾山があることから、高尾山のパワーが流れて込んでいるとも言われているパワースポットでもあります。

参拝の際には、感謝の気持ちを込めて捧げることをお勧めします。

【多摩稜・武蔵野稜】周辺の見どころ

多摩陵・武蔵野陵のある八王子市は戦国時代には城下町として栄えていました。その為、歴史上の人物にまつわるスポットも多いのも魅力の1つです。

城下町の名残が市内には点在しており、散歩するだけでも楽しめます。春の桜のシーズンや秋の紅葉がより情緒溢れる景色として楽しめそうです。

八王子城跡では、現在、城壁が残されている山間部のスポットですが、日中は広大な敷地であることから景色を楽しめる場所となっています。

【多摩陵・武蔵野陵】へのアクセス

所在地

東京都八王子市長房町1833

お問い合わせ先

0426-61-0023(多摩陵墓監区事務所)

交通機関

JR高尾駅より徒歩で約15分

営業時間

9:00~16:00(参入は15:30まで)

休業日

宮内庁の行事の実施日

ホームページ

http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/guide/123/

マップ

 

 


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ