子育て・安産のパワースポット【大宮八幡宮】

子育て・安産のパワースポット【大宮八幡宮】

【大宮八幡宮】とは?

「大宮八幡宮」(おおみやはちまんぐう)とは、東京都杉並区に鎮座する神社です。

前九年の役の折、この乱を鎮めよ、との勅命を受けた鎮守府将軍・源頼義は、奥州へ向かう途中、武蔵国にて空に八条の白雲が棚引いているのを見て、源氏の白旗が翻るかのような光景と重なって見えたそうです。

源頼義は「これは八幡大神のご守護の印である。」と大変喜んだそうで、乱を鎮めた暁には必ずこの地に神社を構えることを誓い、武運を願って出陣しました。

その後、奥州を平定し、凱旋した際、1063年に、京都の石清水八幡宮より分霊し、源頼義によって建立されたのが、大宮八幡宮の始まり、とされています。

武蔵国の三大宮の1つで、「多摩の大宮」とも呼ばれています。境内は15,000坪あり、都内でも有数の広さです。

御祭神には、応神天皇仲哀天皇神功皇后を祀っています。この三神を合わせて、八幡三神とされています。

子育て・安産の御利益があるとされ、遠方からの参拝客も多く見受けられます。

東京のほぼ中央に位置することから「東京のへそ」という異名を持つ神社でもあります。

【大宮八幡宮】の見どころ

現在、大宮八幡宮のある一帯は、大宮遺跡とされており、東京都内で初めての方形周溝墓が発掘された土地としても知られています。

こういったものが発掘されたことからも、大宮八幡宮が鎮座する以前から、この一帯が聖なる地として存在してきたことが窺えます。

また、大宮八幡宮は、都内有数の安産・子育て信仰のある神社で、御守等多くの授与品があります。

授与品の中でも、「息番町帯」(おきながおび)と呼ばれる腹帯は、縁起物としても知られています。

戌の日の安産祈願に訪れる妊婦さんからも人気のある神社です。安産祈願のお祓いをして戴いた後には、かわいい御守等が入った安産祈願セットが授与されるのも妊婦さんから支持されている理由の1つのようです。

【大宮八幡宮】周辺の見どころ

大宮八幡宮は、安産や子育ての御利益がある神社として知られている他に、ここ数年では、都市伝説で有名な「小さいおじさん」の目撃情報の多い神社としても知られるようになりました。

小さいおじさんは、妖精の1種として考えられてもいるそうです。参拝者についてくる妖精らしいのですが、信じるか信じないかは参拝して自分の目で確かめるのが一番のようです。

【大宮八幡宮】へのアクセス

所在地

東京都杉並区大宮2-3-1

お問い合わせ先

03-3311-0105(電話受付時間10:00~17:00)

交通機関

京王井の頭線 西永福駅下車徒歩で約7分

ホームページ

http://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/

マップ

 


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ