どうすればいいの?パワーストーンの浄化

どうすればいいの?パワーストーンの浄化

cry

お守りとしても大人気のパワーストーン

ブレスレットやペンダントとしてお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そんなパワーストーンのお手入れの一つに「浄化」というものがあります。

パワーストーンの浄化のについて調べてみました!

 

・パワーストーンの浄化って何?

パワーストーンをお持ちの方でも「浄化」を知らない方は多いようです。

パワーストーンはそれを身に着ける人や置かれた場を清める力を持つ一方、疲れてしまうという考え方があります。

浄化はそんな疲れてしまったパワーストーンを休めて素の状態に戻し、また力を発揮できる状態に戻すことです。

 

・パワーストーンの浄化の目安は?

まず、入手してすぐに一度行うとよいようです。

入手したばかりのパワーストーンは様々な人や場所の『気』に触れて、いろいろな影響を受けています。

そういった状態のパワーストーンをリセットする意味で一度浄化を行います。

その他にはこれといった決まりがあるわけではありませんが、身に着けて出かけた先で

とても疲れてしまった時などはパワーストーンも疲れを感じている状態のようです。

また、ずっと身に着けているうちなんだか色がくすんできたように感じたり、パワーストーンの効力を感じられなくなった時も浄化のタイミングかもしれません。

 

・簡単なパワーストーン浄化の仕方をご紹介

パワーストーンの浄化にはたくさんの種類があります。

・水で洗う、水につける

・太陽の光にさらす

・月の光にさらす

・クラスター(群晶)の上に置く

・ホワイトセージの煙でいぶす

・土に埋める

・塩に乗せる、まぶす

代表的な浄化方法は上の6種類ほどです。 それぞれによい点・悪い点がありますので、別記事で順番にご紹介していきたいと思います。

 

今回は一番簡単な方法を一つ、ご紹介しますね。

特にデリケートなパワーストーンもまれにあるのですが、アクセサリーやお守りとして販売されているものならまず流水でさっと流すのが一番簡単で効果的だと思います。

ここで大切なのは水の中にドボンとつけるのは避けることです。

ブレスレットではパワーストーンをつないでいる糸が、お守りなら金具や紐が傷んでしまう可能性があるので石の表面部分だけをさっと、で十分です。

流水につけるのが怖いペンダント等なら、水でぬらした綺麗な布でやさしく拭いてもいいでしょう。

浄化の効果ももちろんですが、普段から身に着けて知らず知らずにたまった汚れもお掃除できてさっぱりしますよ。

 

パワーストーンは大切な友人のような存在です。

いつも守ってもらっているお返しに、たまには綺麗にお掃除をしてゆっくりと休めてあげられればうれしいですよね!


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ