東国三社のひとつ茨城県の息栖神社にいってみよう

東国三社のひとつ茨城県の息栖神社にいってみよう

http://www.kamisu-kanko.jp/power/

パワースポットの重要拠点東国三社の一社【息栖神社】(いきすじんじゃ)とは

鹿島神宮と香取神宮そして息栖神社は、東国三社と呼ばれています。

信仰の篤い神社で、今日でも東国三社参り(三社を詣でる事)が行われています。

江戸時代には「お伊勢のみそぎの三社参り」もしくは「下三宮参り」と称して、関東以北の人々が伊勢神宮参拝後にこれら三社を巡拝していました。

地図上でこの三社を結ぶと驚くべきことに精巧に計算された二等辺三角形が浮かび上がってきます。

その謎のトライアングルの直線はレイラインと呼ばれて、鹿島神宮から皇居、明治神宮、富士山を経て伊勢神宮、高野山、そして、天孫降臨の地、高千穂へと繋がります。

富士山のエネルギーを強く受けるパワースポットと云われています。

http://www.kamisu-kanko.jp/kankou-page/ikisu.html

御祭神「久那戸神」(くなどのかみ)

御祭神・・・久那戸神

相 殿・・・天鳥船神・住吉三神(上筒男神・中筒男神・ 底筒男神)

鹿島神宮、香取神宮は、平安時代から伊勢神宮以外で「神宮」の称号を与えられたただ2つの神社です。

その由緒ある2つの神宮とともに東国三社に息栖神社が加えられている理由とはなんでしょう?

それは、息栖神社の御祭神「久那戸神」(くなどのかみ)、「天鳥舟」(あめのとりふねのみこと)が、両神宮に祀られる武神たちとの神代の時代からの深い結びつきがあることからです。

乗り物の役目として国譲りの神話に登場することでも知られますが、社伝では、鹿島大神・香取大神による葦原中国平定(あしはらのなかつくにへいてい)において、東国への先導にあたった神とあります。

ご神体である「忍潮井」(おしおい)と呼ばれる汽水に湧き出す不思議な井戸があり、伊勢の明星井(あけぼののい)、伏見の直井(なおい)とともに日本三霊水の1つに認定されています。

http://www.kamisu-kanko.jp/kankou-page/photo-l/ikisu3.jpg

御神体の井戸 日本三大霊泉【忍潮井】

一の鳥居の左右にある小さな鳥居の下にある、俗に男瓶(おがめ)・女瓶(めがめ)と呼ばれる二つの井戸が忍潮井です。

神功皇后三年(194年)に造られたと云われ、辺り一面海水に覆われていた当時、海水を押し退けて清水が湧出していることが「忍潮井(忍塩井)」の名の由来と伝えられます。

1000年以上もの間、清水を湧き出し続けてきたとされる霊験あらたかな井戸です。

男瓶は白御影石製で銚子の形、女瓶は土器に似て常に水底に沈んで居り、晴天水澄む日でなければ姿を現すことはありません。

その姿が見られると幸運が舞い込んでくるといわれます。

更には、女瓶の水を男性が、男瓶の水を女性が飲むと二人は結ばれるともいわれています。

 

http://www.kamisu-kanko.jp/kankou-page/photo-l/ikisu6.jpg

息栖神社のご利益

「除厄招福」、「交通安全」、「海上守護」、「縁結び」、「安産祈願」

周辺のおすすめスポット

【鹿島セントラル天然温泉 美人の湯 ゆの華】

http://spa-tokyo.net/z-i-yunosato/index.html

http://www.yumeguri.com/etc/kashima.html

○【美人の湯 ゆの華】とは

鹿島セントラルホテルにある温泉施設です。

温泉成分はすべすべ成分といわれるメタケイ酸を多く含んだお肌にやさしい「美人の湯」とも云われる中性の天然温泉です。

露天風呂やジャグジーの他、大型サウナなど個性あふれる多様なお風呂のひとつに壺湯が有ります。

その昔、息栖神社がこの地に移された時、男女二つの瓶が神を慕い自力で川を遡り、その鳥居の下に据え付いたとの伝説から名付けられました。

所在地

〒314-0144

茨城県神栖市大野原4-7-1

営業時間

11:00~25:00(最終受付24:30)

※日曜のみ07:00~25:00

料金

大人950円 小人400円

定休日

なし(年4回メンテ休あり)

お問い合わせ

TEL:0299-90-0261

駐車場

専用駐車場有り、5時間まで無料。

ホームページ

http://www.kashimayunohana.jp/

【息栖神社】へのアクセス

所在地

〒314-0133

茨城県神栖市息栖2822

参拝時間

境内自由

お問い合わせ先

TEL:0299-92-2300

交通機関

【高速バスのご利用】

JR東京駅八重洲南口より高速バスかしま号(鹿島神宮駅行き)で1時間30分

「鹿島セントラルホテル」停留所下車~タクシーで5分、または徒歩30分

【電車のご利用】

JR総武線(成田廻り) 小見川駅下車、タクシーで10分

JR鹿島線 鹿島神宮駅または潮来駅下車、タクシーで20分

【自動車のご利用】

東関東自動車道 潮来ICより15分、佐原・香取ICより20分

※無料駐車場有り

ホームページ

http://www.kamisu-kanko.jp/power/

マップ


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【全国パワースポット案内所】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ